本文へスキップ

アダルトチルドレン/夫婦問題/発達障害/うつのご相談・カウンセリング・sst・認知行動療法は大阪市中央区 山手心理相談室へ。 

phone06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

 登録商標山手心理相談室 大阪/本町

日本語を母国語としない方へaccess

We love talking to people from different countries.(with Osaka dialect)

このページは国内在住の外国籍(母国語が日本語以外)の方・ご家族の方などへの発信です。

     

外国籍の方は一般的に日本語が苦手です。国内在住が5年にもなるのに、まだ「カタコト」という方も多い
そうです。これは、まず第一に日本語と英語などの表現法が全く違うことが要因になります。

その証拠として、海外駐在員などのご子弟が帰国子女となった場合に、日本語も使っていたはずなのにうま
く話せないという現実があります。

ワーキングホリデーなどがきっかけで、カナダ・オーストラリアなどに行かれた方も多いのですが、日本語
が苦手な方ほど現地の言葉の方が理解しやすいという傾向にあります。

アダルトチルドレンや発達障害の方のように「感情表現」が苦手な場合は、言葉の構成が簡易な外国語の方
が感情をストレートかつおおざっぱ(特にアメリカ英語と中国語など)ですから、表現しやすいということも
あります。

日本国内にお住いの外国籍の方(帰化された方も含みます)も、当然ですが日本の方と同じように悩み、苦
しむことがあります。母国が距離的に遠いため、LINEやスカイプなどで連絡はとれても、やはり対面し
て悩みを打ち明けることが最良です。


そのような方のために

山手心理相談室では、国内在住で日本語能力検定1級レベル以上の外国籍の方にもカウンセリングを行っ
ています。日本語・大阪弁での対応でよろしければ、お気軽にお申し込みください。

スカイプなど無料通話は音質や接続の関係で対応していません。何卒ご了解をお願いします)


英語・中国語等でのカウンセリング依頼もありますが、表現できませんので対応していません。

「日本語検定1級」は最低条件です。資格をお持ちの方でも、まったく通じない場合があります。


過去実績:アメリカ・台湾・中国・ベトナム・イタリア・韓国・イスラエル  SSTにお越しの方もいらっ
しゃいます。