本文へスキップ

アダルトチルドレン/夫婦問題/発達障害/うつのご相談・カウンセリング・sst・認知行動療法は大阪市中央区 山手心理相談室へ。 

phone06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

 登録商標山手心理相談室 大阪/本町

依存症の改善HEADLINE

    

依存症(addiction)は山手心理のカウンセリングとSSTで回復・改善しましょう。このページでは、
特に対人・行為依存についてお話しさせていただきます。

依存症とアダルトチルドレン・発達障害 (なぜ依存症改善が難しいのか)

 依存症 アディクション  依存症 アディクション  依存症 アディクション

依存症の方のつらさを軽減するためにということで、カウンセラーさんたちの中には

「依存する時間が長ければ状態は悪くなり、改善にも時間がかかります」

「依存症の方を中心に、超短期解決するお手伝いをさせていただいています」

「改善には今まで生きてきた年月と同じぐらいの時間が必要です」


とお伝えになっている方もおられるそうです。

依存症は英語表記ではaddiction(アディクション)またはdependenceとなりますが、どちらも、「自分にとって不利益・不都合だと分かっていても、ある特定の行為をやめられない状態」のことを指します。人間は、本来「頼る」ことで成長してきました。大昔なら「狩り」の際に大勢で組んだ方が獲物を捕獲しやすかったでしょうし、江戸時代なら「士農工商」などの身分制度や家族制などさまざまな法律によって「相互依存」というシステムが構築されました。もっとも、それは「こころの問題」というよりは政治的(相互監視)な面が大きいのは言うまでもありません。

ですので、誰でもある程度他人(または何か)に依存することは当然ですし、またこころの健康上必要かもしれません。

ではなぜ「依存症」がこころの問題なのかといえば、セルフコントロールできない程の依存が、その人自身または家族・恋人・職場の同僚などに精神的、身体的、社会的な問題を引き起こすことにつながるためです。
A発達障害者

B健常者


の場合を考えてみると

Aは親からの遺伝子の種が発芽してしまっています。ですから親と同様「発達障害」ということになります。

対してBの場合はというと、健常者であっても親から社会的スキルは教えてもらえないので、その時点では単なる「アダルトチルドレン」と呼ばれます。

しかし、何らかの事情で発芽していないとはいえ、発達障害の因子を持っていますから、ストレスなどでうつになったりすると、やはりアルコールなどに依存してしまうこともあります。この場合は「アダルトチルドレン+依存症」と呼ばれます。(医学的な病名ではありません)


このように考えれば、アダルトチルドレンと発達障害の間にはほとんど差がないとなります。したがって、依存症についても、「発達障害の方が苦手とする項目のうち、一部(または全部)の能力がかなり弱い方」という考えが成立すると思います。



発達障害を理解できないカウンセラーの多くは、ヨガやスピリチュアル・退行催眠あるいは瞑想などのマインドフルネス療法などに逃げ込もうとしますが、脳機能の改善には「効果がない」のはご理解いただけると思います。


実際、さまざまな治療法を試してみたけどなかなか回復しないという方も多いようです。もちろん、当相談室の手法がすべての方に効果があるわけではありません。むしろスピリチュアルに縋るしかない方もいらっしゃるのが現実です。ただ、このような人間ができる手法を試すことなく、「神の世界」に逃避するのではもはやカウンセリングとは呼べませんね。「オレは織田信長の生まれ変わりだから、現世ではこれでOK」なんて。(笑)


依存症改善メソッド

山手心理では、次のような手順でカウンセリング・SSTを進めていきます。


★まず、カウンセリングでクライエントさんのいろいろなお話をお伺いします。

★同時に、依存してしまう理由について判断させていただきます。

★考え方の「クセ」をお伝えし、その上でクライエントさんの苦手な部分をご説明します。


       


カウンセリングにお越しいただく間隔や努力にもよりますが、通常、早い方の場合は半年程度で回復を実感できるようになってきます。

(回復期間は人それぞれです。あくまで「早い方」ということになります。また発達障害が関係する場合は相当長期にわたるトレーニングが必要です。)

半年という期間が明示できるのは、実際に山手心理で依存症から回復された方が多くなってきたという実績があるからです。ただし、一般的なアダルトチルドレンよりは時間が必要ですし、継続行動が苦手というのが依存症の特徴でもありますから、効果を上げている方の場合はご家族同伴が多いです。


ところが、実際には子供の頃に染み付いた心的外傷や人格は、簡単に改善できるものではありません。こころの傷はカウンセリングや認知療法・催眠療法・医療によって回復しなければなりませんし、得ることができなかったスキル(特にコミュニケーションや社会性)はSSTで基本から構築する必要があります。

回復への道は、かなり困難なように思えますが、発達障害や神経・脳の疾病が絡んでいなければ、努力に応じて失われたものが伸びてきます。決して不可能な事ではありません。


依存症の改善には意思の強さも重要ではありますが、上記の通りカウンセラーとの二人三脚によって日々改善を行い、ご家族の援助も受けながら継続していくことが必要になります。ご自身が、また身近な人が依存症ではないかと感じたら、どうぞお気軽にお越しください。

依存症という名称にとらわれると問題の本質が見えなくなります。 生育歴と性格傾向から発生するころの問題とスキルロスをともに改善し、自分を取り戻すこと。そして今からの人生に前向きに対応できるよう、一緒に頑張りましょう。