本文へスキップ

アダルトチルドレン/夫婦問題/発達障害/うつ病/HSPのご相談・カウンセリング・sst・認知行動療法は大阪市中央区 山手心理相談室 

phone06-6180-6280

〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町4-3-8-512

 登録商標山手心理相談室 大阪/本町

アダルトチルドレン詳細HEADLINE

一般的な意味は「機能不全家庭で成長したために、成人になってもなおこころにトラウマを持つ方」といわれています。破滅的な思考や行動・対人関係構築の困難さ・不安から派生する完ぺき主義などが代表的な症状といえるでしょう。また、アメリカ・イギリスなど英語を使う国では「アルコール依存症の親の家庭で育った「成人した子供」と呼ばれています。日本語でいう「adult children」は、単に「成人した子供」という意味になってしまいます。アダルトチルドレンには以下のようにさまざまなタイプがあります。

マスコット


アダルトチルドレンの中でも「明るい」といわれるのがマスコットです。別名(こちらのほうが有名かも)ピエロとも呼ばれます。

     

ピエロとは「道化師」という意味で、アダルトチルドレンの特徴の中の、いわゆる「おどけ役」を演じます。 「 クラウン」とも呼ばれます。 お茶目で子どもっぽく、表面的には明るい役割になります。いつもニコニコしている人気者で、周りを和やかにする優しい存在です。 ピエロは、不安定な家族=機能不全家族で育ったことにより、 閉塞感、重苦しい空気、騒がしさ、殺伐感、冷たさ、静けさといった不安定な雰囲気に、お笑い芸人のように立ち回ることで対抗します。

表面的には明るくても、苦しくつらい状態は他の症状と同じです。また、発達障害との関連では、かなりADHDの特徴と被ることが多いです。 

 ヒーロー   スケープゴート   ロストワン  マスコット
 プリンス